ブログ

なかなか雪が積もりませんね

WR293

こんばんは。レディアントの小林です!

12月にもかかわらず暖かい日が多いように感じます。雪も少し降る程度で積もる気配も感じられませんね。この時期、道路に雪が積もっていない状態でスタッドレスタイヤで走っていると飛び石による被害も増えてしまいます。スタッドレスタイヤはタイヤの溝も深く、ゴムも柔らかく石が挟まりやすいので走っている間に挟まっている石が外れて飛んできてしまいフロントガラスにあたってしまうとヒビが入ってしまいます。

WR294

ウインドリペア施工前。

WR295

ヒビ自体はそんなに大きいわけではありませんが、あなどってはいけませんよ。小さいヒビに気づかない場合もあると思いますがヒビが入ってしまっている以上いつヒビが伸びてしまうかは私にもわかりません。ウインドリペアの選択肢が残されているうちにリペアするのが一番だと思います。

WR296

小さいヒビでもしっかり真空引きを行います。ヒビの中に入ってしまっているエアーを抜くことで補修剤も素直に入るようになりヒビの先端までしっかり入ってくれるようになります。とても大事な作業ですね。

WR297

真空引きも終わり、加圧調整しながらヒビの中に補修剤を入れていきます。どれくらいヒビの中に補修剤が入っているか見極めながら補修剤を硬化させていきます。使っている補修剤はUV(紫外線)に反応して硬化するのでUVランプを使用して硬化させていきます。硬化時間は約1〜2分ほどです。

ウインドリペア施工後。

WR298

施工完了です。フロントガラスのヒビは悩んでいる間にも伸びてしまうかもしれません。ヒビが伸びてしまいフロントガラス交換になってしまう前にウインドリペアで対処することが一番の対策方法ではないでしょうか。ウインドリペア、フロントガラス交換のお問い合わせはお気軽にご相談、ご来店くださいませ。

関連記事

  1. IMG_3779 大丈夫!は禁物です。
  2. img_1745 早めのリペアが得策です。
  3. WR140 雪解けが進むと・・・。
  4. IMG_1752 セラミックライン付近に鋭いヒビ
  5. IMG_2343 遠くからありがとうございます。
  6. IMG_3652 小さなヒビでも・・・
  7. IMG_3235 セラミックラインのヒビ
  8. IMG_3888 小さくても早めが大事です!

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

営業日カレンダー

最近の記事

  1. IMG_1763
  2. IMG_1752
  3. IMG_1475
  4. おやすみ
  5. WR317
PAGE TOP