ブログ

伸びてしまう前に直しましょう

WR317

こんばんは。レディアントの小林です!

桜も咲き、春を満喫している方も多いのではないでしょうか?お出かけになる日も増え高速道路のご利用も多くなると思います。飛び石の被害を受けてしまう大半が高速道路の走行中におきてしまいます。高速道路をご利用になる際は車間距離をとるなど、できる限り被害を受けないようご利用くださいませ。今回の施工ブログのヒビは運転席側の下の方にヒビがはいってしまっていました。オーナーさんのご期待にお応えできるよう全力で施工させていただきます。

ウインドリペア施工前。

WR316

ヒビ自体はそんなに大きくありませんが、ヒビの大きさに関係なく伸びてしまう危険性はありますので早めのリペアで防ぐことが最良かと思います。

真空引き中。

WR318

ヒビの中に入ってしまっているエアーをしっかり抜き、ヒビの中を真空状態にしていきます。15分〜30分ほど時間をかけ真空引きの作業を進めた後、ヒビの隅々まで補修剤を入れ、硬化させていきます。

硬化中。

WR319

ウインドリペア施工後。

WR320

施工完了です。はっきりと認識できたヒビも透明になり、ガラス強度の回復、視認性も良くなりました。施工時間も2時間ほどでウインドリペア施工後は特別気をつけることもございませんので普段通りお車をお使いになれます。

WR321

フロントガラスにヒビがはいってしまった場合は早めに直すことが肝心です。ヒビが伸びてしまってからではフロントガラス交換の選択肢のみとなってしまいます。10連休も近くなり、お出かけになることが多くなると思いますので、できる限り車間距離をとるなど心がけ、お出かけをお楽しみくださいませ。フロントガラスにヒビがはいってしまった場合はお気軽にご相談ください。ご依頼、ありがとうございました。

関連記事

  1. IMG_2464 伸びてから焦っても・・・
  2. img_2142 出張リペアです!
  3. WR140 雪解けが進むと・・・。
  4. IMG_1475 延命という選択肢
  5. IMG_4426 コンテのフロントガラス交換
  6. IMG_2950 一般道でも・・・
  7. IMG_0076 昨日までは・・・
  8. IMG_3492 衝撃点が2つあるヒビ

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

営業日カレンダー

最近の記事

  1. IMG_1763
  2. IMG_1752
  3. IMG_1475
  4. おやすみ
  5. WR317
PAGE TOP